周囲にバレない「オトナ矯正」が旬【歯並びに自信がない人へ】

周囲にバレない「オトナ矯正」が旬【歯並びに自信がない人へ】
Check記事のポイント
  • 歯の矯正治療は見た目だけではなく、コミュニケーションの向上にも役立つ!?
  • 大人の歯列矯正が増えている理由は矯正技術や方法の発展があった!
  • 周囲に見えないおすすめ矯正3選をご紹介

歯並びや歯の見た目に自信がない…という人は意外と多いもの。

でも「笑った時に矯正器具が見えるなんて絶対いや!」という人に知ってほしいのが「大人のための矯正」です。

最近では矯正器具をつけていることが分からない矯正方法や、目立ちにくい矯正器具など、ニーズに合わせた多様な矯正方法が生み出されています。

自信を持って笑顔を輝かせるために、今からでも遅くない最新歯列矯正をご紹介します。

歯並びにコンプレックスを持つ人は半数以上

crocodile-174350_960_720

ある調べによると、自分の歯並びに自信がない人は全体の58%におよぶという結果が出たそうです。

確かに笑う時に口を隠す癖がある人など、口元にコンプレックスを持った人は多いものですよね。

しかし矯正は子どもの時にするもので、大人になってからでは遅いのでは…

というイメージが強いことや、仕事の都合上、矯正器具が見えるのが好ましくないという理由で矯正に踏み切れないケースが多いことも事実です。

実際に、子どもの頃の方が顎や骨格の成長に合わせて矯正を行えるため、抜歯不要の矯正が可能であることも多く、矯正に適した時期であることは間違いないのですが、歯列矯正は大人になってからでも十分可能です。

また歯並びが悪いと見た目の問題だけではなく、歯磨きがしにくいことによる歯周病、虫歯のリスクが増え、それによる口臭の問題まで引き起こします。

他にも噛み合わせが悪いため歯が摩耗したり欠損したりすることで、長期にわたって健康な歯が保てなくなることにもつながると言われています。

歯並びを矯正することによりこれらの症状が改善させられるだけではなく、滑舌がよくなって人と話すのもスムーズになったというケースもあり、治療の影響はコミュニケーションの向上にもつながると考えられているのです。

大人で歯列矯正が増えているワケとは?

adult-15814_960_720

日本では歯列矯正を20代以降に行った人の割合は全体の約30%で、厚生労働省の平成20年の調査によるとそのうちの約78%が20~40代で矯正治療を受けたというデータがあります。

大人の矯正はそれだけ一般的になってきたと言うことができますね。

それだけ大人の矯正が増えてきた背景としては、矯正技術の発達と矯正器具の多用化にあります。

国内では矯正を専門とする歯科医が増加傾向にあり、また見えにくい矯正器具や取り外しが可能な装置が開発され、仕事などで人と接することが多い人にも気軽に取り入れやすくなったことが「オトナ矯正」の増加した背景です。

矯正器具が見えない矯正方法はどんなものがあるの?

girl-410334_960_720

歯並びは気になるけど、「矯正器具が見えるのは見た目も恰好悪い…」と思っている人はいませんか?

確かに今までは、歯の表面にワイヤーを取り付け、笑うとギラギラした銀色の器具が見える…といったものが主流でした。

ところが最近では周囲には分かりずらい矯正がたくさん開発されています!

例えば舌側矯正は歯の裏側に矯正器具を装着するので、表面的には矯正していることが分かりません。

他にも透明なブラケットを使用するものや取り外し可能なマウスピース矯正などもあります。

続いてこれらの特徴やメリット、デメリットについてご紹介します。

見えにくい舌側矯正ってどうなの?

舌側(ぜっそく)矯正とは裏側矯正、リンガル矯正とも呼ばれ、その名の通り表面ではなく舌のある方、歯の裏側に矯正器具を装着して歯を移動させ、矯正する方法です。

大きなメリットは矯正していることが周りに分かり難いことと、矯正中に虫歯などのトラブルのリスクが軽減されるのです。

表面矯正では装着部分に食べたものが詰まったり、歯磨きがしにくいなどの理由で虫歯や歯周病のリスクが上がるとも言われていますが、舌側矯正ではそのリスクが減ると言われています。

また舌側矯正は表面矯正に比べ、前歯が引っ込みやすくなると言われているので、出っ歯を治したい、という人にはおすすめの方法です。

ただし表面矯正よりもおよそ1.5倍程度の費用がかかること、矯正し始めた1か月程度は発音がしにくいなどのデメリットがあるので、治療の際は医師とよく相談の上、慎重に治療法を選ぶようにしてくださいね。

取り外し可能なマウスピース矯正の特徴は?

自分の歯型を取り、透明なマウスピースを作成して歯にはめることによって歯を動かしていく方法がマウスピース矯正です。

大きなメリットは矯正装置が透明で、つけていても周囲に分かりにくく食事するときや歯を磨くときに外すことが可能なため、歯を衛生的に保つことができます。

ワイヤーやブラケットを使わないので金属アレルギーの方や激しいスポーツをする方、吹奏楽をしている方や頬に口内炎ができやすい方にもおすすめの方法です。

金額は歯科医院によって大きな幅がありますが、着脱可能な分、患者自身がきっちりと管理し装着する必要があるため、装着に不備があった場合などは十分な効果が得られずに治療期間が長引く可能性もあります。

透明なブラケットやワイヤーを使う矯正方法とは?

多くの矯正歯科医院で取り入れられているのが「デーモンクリア」や「インスパイアアイス」などの見えにくい矯正装置です。

これらは透明のワイヤーやブラケットを使用していて、金属性のものよりも見た目が自然です。

にっこり笑った時にも気にならないので選ぶ人が増えていて、ニーズが高まってきています。

まとめ

女性を輝かせる笑顔には美しく、整った歯がとても重要な役割を果たしますが、歯列矯正をすることで一生モノの自信を得られるかもしれません。

今回ご紹介した見えにくい「オトナ矯正」で矯正中も爽やかでエレガントな笑顔を保ちながら、より美しい歯並びを手に入れてはいかがでしょうか?

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

よく読まれている記事