【レコーディングダイエット】やっぱり古典的な方法が効果的!

【レコーディングダイエット】やっぱり古典的な方法が効果的!

 

Check記事のポイント
  • 記録するだけで痩せられるのは本当だった!レコーディングダイエット
  • レコーディングダイエットを成功に導く「分析」で食生活に変化をつけましょう
  • 専用アプリで痩せやすい時期が分かり、ダイエットの成功を加速させる

 

糖質制限ダイエット、単品ダイエット、グルテンフリーダイエットなど様々なダイエット方法が生まれては消えていきます。

その中でも昔からあるダイエット法として有名なのが「レコーディング(記録)ダイエット」

日々の食事やエクササイズ、体調や体重、体脂肪を記入するだけというダイエット方法ですが、本当に効くの?と考えている人も多いはず。

実は筆者も試してみたことがあるのですが、ダイエットへのモチベーションにつながり、健康的に3キロの減量に成功!

その効果的な方法についてアナログ、デジタルの面からご紹介します。

レコーディングダイエットとは

レコーディング(記録)ダイエットとは、その名の通り記録するだけのダイエット。

具体的には朝、昼、晩の食事や間食に加え、朝と夜の体重や体脂肪、行った運動を毎日記入するだけというシンプルなものです。

なぜそんなことで痩せるのか、と思われる方もいらっしゃると思いますが、実は行動心理学という方法論を応用したれっきとしたダイエットメソッドなのです。

毎日の運動や食事、またその結果身体がどのように変化したかを記録するレコーディングダイエットでは、まず記録することによってダイエットのモチベーションが高まります。

まず変化が見られることは食生活の変化です。

レコーディングダイエットの極意「食べたものすべて記入せよ!」

By: Anna

毎日の食事、間食を記録していくことで、

「炭水化物が多すぎる」「この日、食べ過ぎたから体重がアップしてしまった」「外食ばかりで栄養のあるものが摂れていない」「緑黄色野菜が少ない」

などなど食生活に関する乱れや弱点が浮き彫りになります。

また知らず知らずのうちに食べてしまう人は「こんなに間食していたのか!」と驚くこともあります。

今まで意識してこなくても1週間分の食事を見返せば自分の傾向は一目瞭然。

記録するから現状を把握でき、現状を把握できるから分析ができます。

分析さえできれば後は

「自炊をする日を週3日は作ろう!」「間食は1日1回まで、寝る前はスイーツを食べない」「お昼ごはんはパスタやうどんなど、炭水化物が中心だったけど、ダイエットによい和食を取り入れてみよう」

など具体的な方法に落とし込むことができます。

まずは現状の自分の食生活を把握し、客観的な分析をするためにもレコーディングダイエットは有効な方法です。

レコーディングダイエットの方法

レコーディングダイエットで重要なことは、毎日続けることです。

毎日書かずにまとめて書くと必ず記入漏れが起こり、「あれ?あんまり食べてないから大丈夫か」という誤った印象ができ、安心感さえも得てしまうのでズボラさんは要注意!

面倒であれば完璧に書く必要はありませんが、その場合でも「和食定食」などどういう種類のものを食べたのかを分かるようにしましょう。

1週間記入すると必ず1週間の反省を書きましょう。

記録が「現状把握」であるとすれば、反省の部分が「分析」です。

分析なくしては打開のための「行動」がとれないので、一番重要なのが反省です。

ここでは自分の頑張ったところも足りなかったことも評価し、次に活かします。

例えば「1週間に3回ジムに行けた」「週2日は家で筋トレをした」「お肌に良いホウレンソウをたくさん食べることができた」など何でもOK。

数週間後に見返して「最近運動できてない…」など新たな反省を見つけることができるので、頑張ったポイントも書き残しましょう。

ツールをうまく活用して効果を高めよう!

筆者がレコーディングダイエットのために使ったものは、砂山聡先生という医師が監修している「記録するだけダイエット」という書籍です。

実際に1年間の食事を書き込むことができ、日々の反省の他に食生活、生活習慣のチェック、体重の推移や目標設定シートなどがあって気軽に日記感覚で始められます。

もちろん専用のノートを使わなくてもご自身でノートを買ってダイエット日記をつけるのでも良いですが、筆者のように形から入るタイプの方にはおすすめです!

デジタルツールを味方につけてレコーディングダイエットをする

ぜひダイエットだけの目的ではなく、習慣にしていただきたいのが生理周期の管理

毎月の排卵と月経がスムーズに来ていないと女性は様々な不調を引き起こすだけではなく、不妊や子宮内膜症、子宮筋腫などのリスクが疑われる可能性があります。

生理周期の管理としておすすめの専用アプリとして「カラダのキモチ」や「ルナルナ」があります。

これらは生理周期による身体の変化が一目で分かるだけではなく、ホルモンリズムによる痩せやすい時期、妊娠の可能性が高い時期などがすぐに分かります。

その日の体調を記録することにより、生理周期の中で自分がどの時期に不調を起こしやすいかが把握できれば予定の立て方やダイエット計画も立てやすいですね。

特に「カラダのキモチ」は生理周期や基礎体温の変調から身体の異常を察知し、受診までをサポートしてくれる優れもの。

美容やダイエットにも効果が出やすい時期を知るだけではなく、健康を支えてくれるアプリを味方につけましょう。

まとめ

今回ご紹介したのは記録することによって行動変化を起こし、ダイエットを成功させる方法ですが、習慣化すればまったく無理することもなく、大きな努力や労力が必要ないため、ダイエッターの負担が少ない効率的な方法と言えます。

レコーディングダイエットを成功に導くツールも数多く生み出されていますので、今年こそ痩せたい人は、ぜひ実践してみてくださいね!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

よく読まれている記事